読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一揆の映画プロジェクトのブログ

山中一揆を題材とした映画『新しき民』の動きや様子を、ここ真庭からお伝えできればと思います。http://ikkino.jp

山崎樹一郎監督がゲスト登壇!『ヘヴンズ ストーリー』5周年記念上映

f:id:ikkinoeiga:20151201214401j:plain f:id:ikkinoeiga:20151201214424j:plain

 

瀬々敬久監督『ヘヴンズ ストーリー』公開5周年記念の特集上映トークイベントに、山崎樹一郎監督がゲスト出演します!

トークも楽しみですが、今回の特集上映では、瀬々監督の自主製作からピンク映画時代を中心に、「アナーキー」な視点で描かれた作品群が一挙上映。ぜひこの機会に足を運んでください!
 

アナーキーじゃぱん史あるいはアナーキーな純情?
-瀬々敬久監督1982-2001-
 

新宿ケイズシネマにて、2015年12月12日(土)~12月18日(金)


『ヘヴンズ ストーリー』13:45~18:45


トーク 18:45~19:15 *初日のみ上映前舞台

挨拶
瀬々監督特集上映  19:30~、21:15~
 

トークゲスト


●12/12(土) 瀬々監督ほかキャスト豪華登壇予定


○12/13(日)鍋島淳裕さん(撮影)
、瀬々監督

○12/14(月)古賀重樹さん(日経新聞文化部編集委員)、瀬々監督


○12/15(火)赤松陽構造さん(映画タイトルデザイン)、瀬々監督


○12/16(水)ローランド・ドメーニグさん(日本映画研究)、瀬々監督


○12/17(木)安川午朗さん(音楽)、瀬々監督


○12/18(金)山崎樹一郎さん(『新しき民』監督)、瀬々監督
 


http:// http://ameblo.jp/heavens-story/entry-12093610825.html


http:// http://ameblo.jp/heavens-story/entry-12096293175.html





瀬々監督からは『新しき民』にコメントもいただいています。


やっぱり風穴だ。風穴を空けなきゃならない。


やむにやまれぬ思いからこの映画が作られて来たことがビンビン伝わってくる。


『新しき民』と呼ばれる映画、それこそが一揆なのだ。


≪瀬々敬久(映画監督)≫

 

『新しき民』
12月5日(土)より渋谷ユーロスペースにて、

12月26日(土)より大阪シネ・ヌーヴォにて公開。


以降、名古屋シネマテーク、元町映画館、京都みなみ会館、豊岡劇場にて順次公開。

 

http://atarashikitami.jimdo.com/